忍者ブログ
Home > 未選択 > Cミニ、ブレーキ警告灯

オールメイクス埼玉ブログ

~修理日記の巻~

Cミニ、ブレーキ警告灯

ブレーキ故障をしたクラシック・ミニをお預かりしてます。

警告灯が点灯しブレーキペダルも深く踏まないとブレーキがきかないそうです。


クラシック・ミニのブレーキ警告灯は、ブレーキフルードレベルが規定値以下に

なると点灯します。

ですので、ブレーキパッド等の摩耗や漏れなどでレベルが低下すると点灯します。


今回、

外観の点検でのパッド等の摩耗、各ブレーキシリンダーからの漏れはありません。

ただ、ブレーキPバルブ付近が濡れています。

おそらく原因でしょう。

Pバルブは前後のブレーキのバランスをとるためについています。

これがないとブレーキをかけた時リヤタイヤが簡単にロックしてスピンをします。

クラシック・ミニの場合Pバルブはフロントサブフレームタワーのトップ付近

についています。

ブレーキマスター等が邪魔をして良く見えない位置です。



確認するにも、作業するにも廻りを大きく広げないと手が入らないので

ブレーキマスターをマスターバックごと一式取り外します。



Pバルブが良く見えます。

触るとやはり濡れていますので原因でまちがいないでしょう。

交換です。




余談


近代の車では、警告灯等のチェックはイグニションをONにするとメーターパネル

内で自動に点灯し正常に作動するか自己チェックをしてくれます。

クラシック・ミニのブレーキ警告灯は自分でスイッチを押して点灯すればOKとなります

警告灯自体がスイッチになっています。

押しても点灯しない場合はブレーキフルードが規定値以下になっていても気づきません

ので乗る時は確認してくださいね。
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 6 7
9 13 14
16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

オールメイクス埼玉 ホームページ

http://allmakes.ashigaru.jp/

最新コメント

[09/07 オールメイクス埼玉]
[09/06 セブン]
[08/20 オールメイクス埼玉]
[08/19 no-hoze'94GSi]
[05/23 オールメイクス埼玉]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R